当事務所はあま市・名古屋市を中心に労働・社会保険手続きや助成金のお手伝い、さらには障害年金の請求、更新・審査請求、再審査請求の相談・手続き業務を行っております。
障害年金のことを知らない方も分かりやすくお教えしますので、お気軽にお問い合わせください。

育児介護休業法の改正

令和4年4月から「有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和」されることになりました。
有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和のポイント
有期雇用労働者(期間の定めのある労働契約により雇用される者)も、一定の要件を満たせば、育児休業および介護休業の対象となりますが、その要件が改正されます。  
   有期雇用労働者について、「引き続き雇用された期間が1年以上」という要件は削除されました。
  しかし、「引き続き雇用された期間が1年未満」の労働者は、有期雇用であるか無期雇用であるかを問わず、育児休業・介護休業の労使協定による適用除外の対象となっています。
したがって、その適用除外規定(労使協定)があれば、令和4年4月1日以降も、実質的には対象者を改正前と同様とすることが可能です。
  いずれにしても、就業規則(育児・介護休業規程)を整備する必要があります。

?Gg[???ubN}[N??